婚活するなら?

迷う女性

婚活するにも、様々な方法やシステムがあります。

どの方法を利用するのがいいのか、迷ってしまいますね。

よく言われるのは、料金が高いほど本気の人が多く、信頼度も高いと言うことです。

確かに高いお金を払うのですから、最近ニュースで問題視されている経歴を偽るとか、結婚する気もなくお金や肉体関係目当ての人は寄ってこないかもしれません。

但し、利用料金が高く本気の人の集まりだから、直ぐに相手が見つかるわけではありません。

理想が高い人や、条件に妥協できない人が多く、いくつもの結婚相談所を渡り歩いても見つからないという人も少なくありません。

アドバイザーの方がどんなに尽力してくれても、本人の気持ちや考え方の問題ですから、仕方がないとも言えますね。

たとえば、30代も後半になると、最初にアドバイザーからも、かなり手厳しいことを言われます。

女性には出産適齢期というのがあるため、「現実を見なさい」と言われるわけですね。

若く見えても、結婚を考える男性は実年齢でしか見てくれないと言われます。

こちらは同じ年代の人を望んでも、紹介されるのは50代、60代だったりするわけです。

自分が求める層と、自分を求めてくれる層に大きなミスマッチが生じているわけですね。

アドバイザーの忠告に耳を傾け、年齢や見た目ではなく、人柄や相性で選べるようになると、サクサクとゴールインできることが少なくありません。

しかし、一切妥協できず、我が道を突き進んでしまうと、婚活がエンドレスになりかねないのです。

人の考えはそれぞれですが、本当に結婚したいなら、少し他人の意見に耳を傾けてみるといいでしょう。